Blog

Homeエンコペディアロースト と キャラクター

ロースト と キャラクター

次は焙煎の工程です。

コーヒーの焙煎の度合いは、コーヒーの風味やコクに大きく影響します。より深く焙煎したコーヒーは一般的に、より「自己主張の強い」ものとなります。深煎りすることによって、繊維質が少なく、より甘みのある風味となるためです。一方、浅煎りのコーヒーは、深煎りではあまり残ることのない、アロマティックなオイルと酸味が強く残っており、より複雑な風味を楽しむことができます。焙煎の度合いによって、カフェインの含有量は変化しませんが、長時間の焙煎では豆自体の体積が膨らむため、体積あたりでのカフェイン含有量は、わずかながら浅煎りの方が多くなります。

生豆への精製過程でもまだ残っていた、少量のもみ殻は、焙煎の過程で取り除かれます。もみ殻は焙煎の工程で起こる空気の振動で、豆から取り除かれるのですが、少量のもみ殻は残っていることによって、深煎りの場合、より油分を多く豆に含ませることができます。

Post a Comment

Reviews