ルーツ: ハワイのコーヒーの起源

ハワイの農業の歴史はとても長く、初めてハワイに辿り着いた航海者がココナッツを持って訪れ、その後タヒチからバナナやブレッドフルーツが、そしてアジアからマンゴーやパイナップル、サトウキビなどが持ち込まれたときも、ハワイの豊かな土壌は様々な農作物を受け入れ、実らせ、もともとあった特有の農産物とともに、ハワイの農業として発展させました。

200年以上前、カメハメハ大王の時代にコーヒーはスペイン人によってオアフ島に持ち込まれました。ドン・フランシスコ・デ・パウラ・マーリンが植えた初のハワイのコーヒーがその後生き延びたかどうか定かではありませんが、1820年代にはオアフ島の酋長ボキがイギリスの植物学者、ジョン・ウィルキンソンにマノア・バレーの土地を開拓地として提供します。ボキとカメハメハⅡ世の助けにより、地域によって微妙に変化する気候や海からの距離などを確かめながら、コーヒーの栽培はカリヒ地区やニウ・バレーへと広がりました。

その後コーヒー栽培はハワイの各島々へと広がり、今ではハワイはアメリカで唯一コーヒー栽培が主要産業として行われている州となりました。

サトウキビやパイナップルのプランテーションは急速に拡大しハワイの農業を世界に広めましたが、今ではごくわずかな農園を除いて産業としての栽培はほぼすべて撤退してしまいました。

しかしコーヒー産業は繁栄を続け、今では大規模な農園がハワイ島、マウイ島、ラナイ島、モロカイ島そしてオアフ島にあります。熟練のスキルを持つ農家で世代を超えて丹念に育てられたコーヒーは、ハワイの島々特有の天候や土壌、そして新しいメソッドの導入することにより、より完璧へと近づきました。

ハワイ島マウナケアからフアラライの間で作られているコーヒーが世界的に有名なコーヒーではありますが、あえて1つの産地には固執せず、ハワイの島々で採れる優れたコーヒー豆をブレンドすることで、シナモンの香り、チョコレートのような甘み、そしてクローブやベリーまでも感じられる味わい豊かなハワイアンコーヒーとなります。

nkopeはハワイ中のコーヒーからベストのものだけを選りすぐり、今までになかった「Kope Oka Aina」、「ハワイ諸島産のコーヒー」を作り出しました。

pure Hawaiian coffee
Reviews