エンコペディア

Homeエンコペディア

コーヒーは、様々な工程を経て、皆さんにおなじみの焙煎されたコーヒー豆の姿になります。伝統的なコーヒーの実の収穫方法は全て手摘みで行われていました。これは、一番熟している実のみをひとつひとつ選んで摘まなければいけない、大変多くの人手を要する作業となります。

次は焙煎の工程です。 コーヒーの焙煎の度合いは、コーヒーの風味やコクに大きく影響します。より深く焙煎したコーヒーは一般的に、より「自己主張の強い」ものとなります。深煎りすることによって、繊維質が少なく、より甘みのある風味となるためです。

収穫した後果肉を除去して生豆(グリーンビーン)の状態にしたあと、焙煎作業が行われます。生豆の状態のコーヒーには香りも味もなく、焙煎して豆の成分が化学反応を起こすことで、あのコーヒー独特の香りや豊かな味が生まれます。

Reviews